今日は患者さんから質問をいただきました。

 

それは

 

「どんな歩き方がいいの?」

 

ということです。

 

 

この質問は整骨院ではすごく聞かれる質問です。

 

 

この質問は奥深いもので患者さん自身はどこをどのようにして動かしたらよいのかわからなくなっている状態ですよね。

 

 

すこし意識を変えるだけで良い歩き方になって体にかかる負担が減るのでその意識=イメージをお伝えします。

 

 

大切なのは

 

 

お腹から足が生えているイメージで歩く」

 

ことです。

 

 

このイメージを持つと美しい歩き方になります。美しいということは筋肉の偏った使い方をしないで多くの筋肉を負担が少なく使うことができます。

 

 

股関節から歩くようにすると膝がかかとより前にでることが多く、その状態になると体重が膝にのって大きな負担が特に膝中心にかかります。

 

 

また、太ももの前の筋肉を無駄に使ってしまい疲れやすくなるだけでなく足が太くなる原因になります。

 

 

お腹から足がでているイメージで歩くと多くの筋肉を使います。

多くの筋肉を使うということは多くのエネルギーも使います。

歩く機会が多い人はこれだけでやせる基礎を作ることができますのでぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

 

わかりにくいという方はお問い合わせいただくか一度ご来院ください。

 

 

姿勢を見つめ直すいいきっかけになると思いますよ!!