美容鍼の実際のところ、どういったことに効果が見込めるのかお伝えします。

美容鍼は顔に鍼をして、血流循環を改善させ、血液・リンパ液の流れを促します。

さらに、皮下の感覚受容器を刺激することで皮ふの再生を促進します。

ですから、鍼をした直後効果としてはむくみの改善による小顔効果、事後効果として肌がきれいになっていく(クマを含む)ことが期待できます。

この効果は、エステや美容クリニックでは光をあてる光線療法であったり、マッサージなどで同様の効果が得られると思います。

エステや美容クリニックでは得られない効果として、鍼は特性上、鍼を刺すことで自律神経(交感神経・副交感神経)に作用することが知られています。古くから東洋医学では望診(ぼうしん)といい、顔は内臓を写す鏡として内臓の状態を把握するために観察される場所でもあり、間接的に内臓へのアプローチをすることができます。

ここだけの話、内臓は副交感神経が優位に働く時に活発に動いてくれますよ。

また、顔は感覚の鋭い場所です。髪の毛1本触れてもわかりますよね。

感覚は皮ふを介して脳に伝わります。それだけに、顔へのはりは脳へのアプローチも可能なんです。

脳といえば精神・心ですね。

不安や緊張の顔はどうでしょう?

顔の筋肉に力が入ってシワができていませんか?表情が固くなっていませんか?

顔の筋肉が緊張するとますます不安が膨らんでしまいます。ハリで筋肉を緩めてあげると不安も減り楽な精神状態にもっていくことができます。

 

単に美を求める方はエステでも十分でしょう。

しかし、内臓や心の安定もほしい!という方には鍼治療がおすすめです。

当院の美容鍼はどちらかというと治療に近づけた美容鍼ですので、気になった方はぜひお問い合わせください(^_^)